毛玉取りしないでもいい素材 - 毛玉取り専科 服 セーター

毛玉取りしないでもいい素材

今の衣類の素材をよく見てみると、昔のものよりも毛玉取りの必要がない傾向があるのに気づきませんか?または毛玉になってしまう種類が少なくなったりした気も。実はこれ、前まで毛玉になりやすかったウールとアクリル繊維を混ぜて作られた生地でなのです。こうした混紡繊維の中の一つで、「抗ビル加工」という毛玉ができにくい繊維を使った洋服が販売されているのです。気に入った衣類を買う前に、商品についたタグに目を通してみましょう。「 抗ビル加工済み」と記載されているものは、毛玉取りの必要がないよう加工された繊維で作られているのがわかります。

繊維の専門用語では毛玉を「ビリング」といい、ビリングができにくく、毛玉取りしなくてもいいよう加工した繊維のことを抗ビル加工と言うのです。この抗ビリング技術はおそらく抗菌加工や防塵加工などを開発している中で発見された副産物のような技術だと思われます。抗菌加工や防塵加工をする際は繊維の毛羽立ちを防止し、毛玉取りしなくても良くする技術が必要で、これらの加工技術はレベルが非常に高いものなのです。

しかしそれらを開発していく経緯からある程度レベルが低いけれども、毛羽立ちを抑える抗ビル加工が発見され今日毛玉ができにくい加工技術として活躍しているのではないでしょうか。現在は昔と違い衣類を購入する際は抗ビル加工されたものを選べば、毛玉に悩まされることもなくなっています。近い将来には、もう毛玉の存在自体が無くなり毛玉取り器などが市場から姿を消しているかもしれませんね。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。