毛玉を予防・防止する方法 - 毛玉取り専科 服 セーター

毛玉を予防・防止する方法

毛玉取りをする時の毛玉は、衣類の生地裏の繊維が毛羽立って、他の小さな繊維やゴミ、あるいは着ている時の摩擦や洗濯時にもまれてできてしまうものです。おそらく一番毛玉のできやすい個所はシートベルトがかかる線沿いやショルダーバッグなどがコートに当たるヒップ位置、布でカバーしてある椅子の座面や背もたれの摩擦で背中やおしりと言ったところでしょうか。私も何回もこういったエリアの毛玉取りをしています。

上記の毛玉(コート以外)を防ぐ対策としては、まず静電気を起こさせないようにすることです。静電気対策として使われる柔軟剤が数多く販売されているので、ドラッグストアを見てみましょう。またここでもポイントですが、毛玉ができやすい衣類は裏返しにしたうえに大きめのネットに入れて洗濯すると服が傷んでしまったり、毛玉を防ぐことができます。そうすれば毛玉取りの必要がなくなります。

また、長く使いたい大切な衣類は毛玉取り器を使うよりもクリーニングに出すのも良いでしょう。衣服は下着より汗臭くなったりしないので、着た後は柔らかい毛でできた洋服用のブラシでブラッシング。これは生地の表面を整える効果があり、ほこりやゴミを払ってくれます。もし必要ならば衣類用の消臭スプレーをかけ、生地により天日干しあるいは陰干しで皮化しブラッシングしてあげれば毛玉取りの必要もなく、クリーニングの回数を減らすことができ、経済的です。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。