毛玉取り器のおススメポイント - 毛玉取り専科 服 セーター

毛玉取り器のおススメポイント

お気に入りのニットやセーターに毛玉ができてしまいました。でもそんな時に役に立つのが毛玉取り機!と話題になったのはもう一昔も二昔も前になります。毛玉取り器の仕組みは簡単に説明すると電動ヒゲソリの表面にある、肌にあてる個所の穴を大きくしただけの同じ構成の電化製品です。毛玉が付き始めてしまった時は、その個所を平らな所に敷いてからスイッチを入れると、非常によい毛玉取りをしてくれましたね。

ただ、本当に気を付けて毛玉取りの個所を平たくしておかないとシワや縫い目といった凹凸にあたるとせっかくの記事が傷んでしまったり、もっとひどい時はそのまま穴をあけてしまう事もありました。失敗するとお気に入りの洋服に穴が開いてしまう可能性のある毛玉取り器は今でも表や見た目の形を変えただけで販売されているので、それらを使い悲しい思いをしてしまう人は現在も後を絶ちません。しかしよ〜く商品を下調べしてから店舗に行くと、服にあまりダメージを与えることのない改良版毛玉取り器も販売されているのです。

もちろん毛玉取り機能の分だけ値段が高くなりますが、大切な衣類に穴をあけてしまう可能性が少ない方を皆さん選ぶようです。こういった改善された毛玉取り器には特徴があり、毛玉を取っていく円形部分にふちがつくようになりました。そのふちにも細かい突起がついており、これは洋服に毛玉取り器を過剰に押し付けないようにあります。毛玉を取りたいあまり、手に力が入ってしまうという消費者心理を良く汲んだ工夫と言えましょう。実店舗で毛玉取り器の中でも値段が比較的高いものを見てみると、この細かい構造が確認できるはずです。
ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。